代表あいさつ

すわトレビ園では発達に心配のあるお子様や障がいをもったお子様を対象に療育を行うところです。
室内外での遊びや生活を通して、子ども一人ひとりの成長や発達に合わせ、苦手な部分や弱い部分を支援できるような個別・集団療育を行っています。

また、運動面が苦手な子どもには身体をつかった遊びを促したり、友だちとコミュニケーションが上手く出来ない子には、子ども同士をつなげる遊びや、かかわって遊ぶ事を楽しいと感じられるような小集団での遊びを。そして、生活のなかでも、遊びの準備やおやつの準備など、一緒に結果をだす経験ができるような共同作業をカリキュラムとして組み込んでいます。

4school_l_d_05
最後に。。。
昨今、日本社会の課題の一つとして少子化問題、子育て支援、女性が働きやすい社会があります。
私共も少しでもお役に立ちたいという気持ちで運営してまいります。

 

gakudoukyoushitu

 

運営方針

 

  1. 安全で安心できる場を提供します。
  2. 楽しく充実した放課後の時間を提供します。
  3. 子どもたちの意思を尊重し、選択や主張ができる力を身につけられるよう支援します。
  4. 子どもどうしや支援員との交流の中から社会性を身につけるように支援します。
  5. 日常生活において基本的動作を身につけるために支援します。
  6. ご家族の不安を軽減出来るように相談等は常に耳をかたむけ、レスパイトケア(一時的な介護からの解放)の支援を行います。

cropped-000005-1.png